さんこう丸の健康豆知識

2017年 11月1日

ドライアイ
目が渇く、目が疲れる、充血するといった症状で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?もしかするとその症状、近年増加している『ドライアイ』かもしれません。
涙の 98 % は水分ですが、その水分にはナトリウムやカリウムなどのミネラル分や、水溶性のタンパク質等が溶け込んでいます。ドライアイは、「油層、水層、ムチン層」といった涙のバランスが悪くなることや、涙の分泌量自体が不足していること等が原因です。涙が不足すると、目が清潔に保てず、まばたきをしたときに目の表面(角膜)に傷がついてしまうこともあります。
長時間のエアコン・パソコン・携帯電話の使用やコンタクトレンズの装用、中には自己免疫疾患やシェーングレン症候群といった病気がドライアイの原因になっている場合もあり注意が必要です。またドライアイは放っておくと目の病気、合併症を引き起こす可能性も高くなってきます。
【対処】
基本的に目薬を点して水分を補給することが重要です。
その目薬も、市販されている目薬には血管収縮剤が含まれているものが多いため、ドライアイ専用の目薬を選ぶか、迷った場合は眼科で相談するのがいいでしょう。
【点眼方法】
①目薬の先端にまぶたやまつ毛が触れないように注意して、1 滴点眼します。(1 滴で十分です)
②点眼後は、数秒間まぶたを閉じて薬を行き渡らせ、目頭を軽く抑えると効果的です。
そして目薬は、直射日光を避けて涼しい所で保管し、開封後はなるべく早めに使い切りましょう。

11 月の野菜『レンコン』
レンコンレンコンはハス(蓮)の一部ですが、ハスはどの部位も薬用に使用されています。そのため使用される部位によって様々な生薬名で呼ばれています。ハスの根にあたるレンコンは「藕(ぐう)」と呼ばれ、止血作用、鎮静作用、止瀉作用などがあります。

                   

« 前の記事: を読む

                     次の記事: を読む »

株式会社三光丸 クスリ資料館