「企画展示コーナー」模様替えのお知らせ

2017年 5月17日

このたび、三光丸クスリ資料館の「企画展示コーナー」を一新しました。

今回のテーマは『得意帳が語る明治~大正時代の世相と人々のくらし』です。

得意帳は、いわば顧客の管理台帳ともいうべきもので、売薬(配置薬、置き薬)業者にとっては必需品でした。そこには、顧客の住所、氏名、預けた薬の種類と数量、使用状況のほか、家族構成や健康状態、人柄などさまざまな情報が記されており、配置員が交代した場合でもスムーズに廻商ができるよう工夫されていました。

このほか、得意帳には、次回の廻商担当者への申し送り事項に加え、喜びや悲しみ、驚き、憤慨、困惑など、配置員が行商の旅を通じて感じた思いもしばしば記されています。そういった配置員の”息づかい”を通して、当時の世相や人情を感じ取っていただければ幸いです。

三光丸クスリ資料館/企画展示

蔵を改造した企画展示室

三光丸クスリ資料館/得意帳

明治~大正時代の得意帳を紹介しています。

          

« 前の記事: を読む

          

株式会社三光丸 クスリ資料館